囚人の苦悩


スポンサーリンク

www.news-medical.net

 犯罪を犯した者は逮捕、起訴、裁判等の手続を経て有罪判決が下されれば場合によれば刑務所に収監される。そして、その者は囚人として一定の自由を奪われた状態で刑務所で生活を送ることになる。

この記事では刑務所で生活をする囚人のネガティブな精神状態について書かれている。

原因

囚人のネガティブな精神状態が生じる原因は以下の理由によるものである。

・犯罪をした時の記憶

この時の記憶により囚人は罪悪感や後悔をして結果としてネガティブな精神状態になる。

・刑務所

刑務所と言う閉ざされた空間とシャバとの違いによるものである。

愛する人を失ったこと

刑務所で愛する人とは別の生活をしなければならず、孤独を感じるためであるという。

・他の囚人との生活

他の囚人が自分に何かしてこないかという不安によるものである。

症状

ネガティブな精神状態になった囚人に以下の症状が現れるという。

・常に刑務所の門を見ることになるので、囚人は閉じ込められていると感じてしまう。

・このような囚人は否定的な思考を持つようになったり、脱獄のような行動を考えるようになる。

・自信を失い、気が狂ったような気持ちになる。

・食欲不振や睡眠不足になる。

・生活の変化により、囚人は不安感を感じたりや心配性になる。

 

囚人の苦悩

悲しみや不安などのマイナスの感情は通常ならば時間が経てばなくなるものであるが、囚人は以下のマイナスの感情により苦しんでいるという。

・恒常的な欲求不満

・深い悲しみ

・不安感

・不必要な心配

・倦怠感

・自尊心の低下

・興奮

 

囚人には人権がないと考える人もいるであろうが、刑務所という特殊な環境の中で一定の権利が制約されながらも人として生きる権利はあるし、上記の囚人のマイナスの感情は刑務所の生活の目的を果たせなくし、また出所後、社会復帰をするうえで阻害しうるものであるので、囚人にも精神的なケアが必要であると感じられる。