車を運転するとバカになる?


スポンサーリンク

www.independent.co.uk

この記事では、車の運転と知能との関係の研究について書かれている。

研究内容

 レスター大学の研究者は37歳から73歳までの50万人以上のイギリス人を対象として5年以上にわたり彼らの生活習慣を分析した。

その結果、

当初、1日に2,3時間車を運転する93000人は、車を運転しない・ほとんどしない者と比較して低い知能を示した。

そして、5年後には彼らの知能の低下は、車を運転しない・ほとんどしない者よりも速かったという。

また、同様の結果がテレビの視聴についても表れたという。すなわち、1日に3時間以上テレビを見る人の知能はそうでない人と比べて低く、5年後の知能の低下についても速かったという。

逆に、パソコンを使用したり、テレビゲームをプレイすることは脳機能を活性化させるという。

 

 

車の運転は操作方法さえわかれば簡単にできるし、テレビの視聴はリモコン1つで後はボーっとしとけばいいだけであり、両者は自動的に行うことが出来るので特に頭を使う必要がないことで共通しているように見える。

一方、パソコンの使用やテレビゲームのプレイなどは自分から1つ1つ考えながら操作しなければならないので頭を使うのであろう。

 

脳機能を活性化させたければ、積極的に活動していくことが必要であると考えられる。そのため、ボーっと日常生活を送っている人は生活習慣を改めて何らかの動きを取り入れれば、脳にも良いと思う。