環境にやさしいストロー


スポンサーリンク

www.star2.com

 冷たい飲み物を飲むときによく使うのがストローであるが、私たちがよく使うストローはプラスチック製である。そして、このプラスチック製のストローは使用後ゴミとして捨てられるが、これが環境に与える悪影響は大きい。

では、環境に悪影響を与えないストローはないのであろうか?なければ、作ればいいのではないか。

この記事では、なぜプラスチック製のストローが環境に悪影響を与えているのか、環境にやさしいストローをどのように作ればよいのかが書かれている。それぞれ見ていこう。

 

プラスチック製のストロー

オーシャン・コンサーバンシーによれば、プラスチックは海鳥のうち62%及びウミガメから検出されているという。

そして、ストローは海のごみのワースト10に位置し、年間611048本のストローが捨てられている。

プラスチック製のストローを餌だと思って食べる海洋生物が多く、プラスチックのほとんどは体内で分解されないのでストローを食べた海洋生物に悪影響を与えている。

 

そこで、この問題に対処すべく立ち上がったのがボランティア団体のSampah Menyampahである。活動内容は#TakNakStraw campaignという。

 

環境にやさしいストロー

・使用道具

パラフィンワックス

無毒の普通ののり・みずのり・でんぷんのり

びん

はさみ

調理なべ

ペーパータオル

・作り方

1.びんの中にパラフィンワックスを入れる。

調理なべにいっぱいになるまで水を入れる。

調理なべにびんを入れる。

2.パラフィンワックスが解けるまで弱火~中火で湯煎する。

3.吸収性があまりない紙を幅4㎝長さ30㎝に切る。

4.切った紙の半分を食紅でデコレートする。

5.紙の端に薄くのりをつける。

6.端に紙をらせん状に巻きつける。

7.巻き付けた紙から箸を抜き取り、はさみで形を整える。

8.ストローを2,3秒解けたパラフィンワックスに漬ける。

9.取り出し、ペーパータオルにおいてやさしく余分なワックスをふき取る。

10.ストローの全部がワックスでコーティングされるように反対側もワックスに漬ける。

 

作り方は非常に簡単そうであり、自分好みのストローを作ってみるのもいいと思う。他にも竹の茎を使ったストローも紹介されている。

 

当然のことであるが、プラスチック製のストローを使用したときはポイ捨てなどせずに、所定の場所に捨てるべきであるし、他のごみも同じである。一人一人のちょっとした配慮で環境の悪化を防げるのならそうするのが望ましい。