ネット上の紛争


スポンサーリンク

国際関係が良くない近隣諸国に対して、それぞれの国の人々は何らかの嫌がらせをすることがある。

 

以下の記事は、ハッキングによる嫌がらせに関するものである。

economictimes.indiatimes.com

8月3日、パキスタン政府のウェブサイトがハッキングされ、8月15日のインド独立記念日を祝ったメッセージが表示されるとともに、インドの国歌がBGMとして流れるようになった。

このようなハッキングは今回が初めてではなく、ここ数年パキスタンとインドの学生のハッカー達の間でハッキングの応酬が行われている。

なお、被害に遭ったパキスタン政府のウェブサイトは現在元に戻っている。

 

カシミール紛争のようにパキスタンとインドは歴史的経緯から関係は良くはなく対立が続いているようであるが、武力によりそれぞれの国民の命が犠牲になるよりはハッキングの方がまだましである。しかし、この事件のハッカーの真意はわからないが、それぞれの国民に相手国に対する悪意がある限り国家間の関係改善は難しいと思う。