犬が飼い主を救う


スポンサーリンク

犬は愛らしく、ペットにすれば従順で時には頼りになる存在である。

 以下の記事は、誘拐されそうになった飼い主の女の子をペットの犬が助けたという話である。

www.independent.co.uk

 事実の概要

・時間は午後15時50分ごろ、場所はニュージャージー州ウッドブリッジ、ヘザーグレンコート1800ブロック

・10歳の女の子が犬の散歩をしているところに男が近づいてきて女の子の腕をつかんだ。

・そのとき、犬が男にかみつき、男は逃げていった。

・男はまだ見つかっていない。

 

被疑者の素性

・男はヒスパニック系

・身長は約160.02㎝、体重は約65.7㎏

・やせ型?(上と矛盾していないか?)

・茶髪で短髪、あごひげあり

・服装は、白ストライプのシャツと明るめの長ズボン

 

やはり、犬はいざとなった時に頼りになる友達といえる。女の子も怪我もなく助かってよかったと思う。

それにしても、ペット同伴とはいえアメリカは10歳程度の子供が一人で歩くのは危険なのであろうか。