尿は植物に良いか?


スポンサーリンク

植物に小便をかければ、植物がよく育つとか、逆に枯れてしまう、または小便を肥料としてできた野菜や果物は美味しいなどということを聞いたことがあるかもしれない。

 小便は植物にどんな影響を与えるのだろうか、以下の記事で答えが書かれている。

www.fresnobee.com

 尿の成分

尿の約98%が水で、約2%が尿素で、残りに様々なものが含まれている。

ノースカロライナ州立大学の生物地球科学のOwen Duckworth准教授によると、

尿には、窒素と少量のリンやカリウムのような、有益な栄養素が含まれているという。

 

植物に必要な栄養

LifeHack.orgの記事によれば、植物は何よりも窒素が必要であるという。窒素は、アミノ酸酵素、タンパク質、クロロフィルを合成するのに必要であるからだ。

 

検討

では、栄養いっぱいの尿を植物にかければ、植物はよく育つのではないか?

そういうわけではないという。尿には、塩分も含まれており、そのため、植物を枯らしてしまうという。

 

尿の濃さが問題である。

メリーランド大学環境科学技術学部の、Ray Weil教授によれば、水と尿の比率を2:1にすれば大丈夫だという。

 

結論

尿をそのまま植物にかけるのは、植物に悪影響を及ぼす。

もっとも、水で薄めれば植物に良い影響をもたらす。

 

たいして、気にも留めていないが長年解決されなかった問題が解決してスッキリした気分である。