豪華客船の海賊対策


スポンサーリンク

長い休暇と十分な資金があれば一度は豪華客船に乗って世界一周クルーズでもしてみたいものである。しかし、クルーズ中何らかのハプニングがあるかもしれない。もしクルーズ中に外敵(特に海なので海賊であるが)に襲われる危険があるとしたらどのように対処すればよいか。

 

www.telegraph.co.uk

上記記事は、インド洋、アラビア海、アデン湾、スエズ運河の航海中の10日間の、夜から朝にかけて豪華客船Sea Princess号で起こった海賊対策の措置に関する記事である。

 

デッキにいた乗客たちは、船員から海賊による襲撃の危険があるとの警告を受けて船室に連れていかれ、乗客の数が数えられた。

海賊船から船がのがれるときに危なくないように、乗客たちは床に座りに手すりに摑まるよう指示された。

日没後、すべてのカーテンが下げられ、シャッターも閉められた。

実際のところ、この間海賊による襲撃はなかった。

 

 

乗客にとっては、この間、夜パーティーをしたり、デッキで遊んだりする機会を奪われただろうし、また、本当に海賊に襲撃されるのではないかという恐怖もあったと思われる。しかし、船員としては、船内に乗客がいる以上乗客の命を守る義務があるし、上記措置を執ったのは海賊行為が多発する地域であり海賊の襲撃には十分な対策が必要あるので、上記措置はやむを得ないものであったと思う。

記事からは不明であるが、乗船前に当該地域で海賊行為のおそれがあるので上記行為を行う旨を乗客に説明でもしていたらニュースにはならなかったかもしれない。