刺青と健康


スポンサーリンク

日本では刺青は一般的にいい印象は持たれていないが海外ではファッションとして認識されることもあるという。

 

では、刺青をしている人とそうでない人にはどのような違いがあるだろうか?日本では例えばプールや銭湯に入浴できるかどうか、場合によればどのような職業に就けるかといった社会的評価という点で違いがあるだろうが、以下の記事では、刺青をする人はそうでない人と比べて健康的な問題があるという。

nypost.com

 結論から言うと、刺青をしている人はそうでない人よりも汗をかきにくい。そのため、刺青をしている人の汗に含まれるナトリウム量はそうでない人よりも2倍多いという。

 

汗はかくと不快なものであるが、体温調節には必要不可欠な要素であるので、汗をかくかどうかは生活するうえで非常に重要な問題となる。

年々、夏は暑くなる一方であるが刺青をしている人はそうでないひとよりも危険な状況に立たされるのではないか。

 

すでに刺青をしている人はこのことに気を付けて生活する必要があるし、これから刺青を入れようと考えている人は社会的なリスクだけでなく健康的なリスクも考えて決定する必要があると思う。