いけにえのヤギ、大雨により大幅な値引き


スポンサーリンク

今週、インドのムンバイは大雨に見舞われた。このような、自然現象による影響はいろいろあると思われるが、ヤギの価格にも影響を及ぼすという。

 以下の記事は、本来なら高額で取引される予定であったヤギが大雨により濡れてしまい大幅な値引きを余儀なくされたという内容である。

asiancorrespondent.com

ヤギ

そのヤギは、生後15か月、イスラム唯一神アッラーの文字に似ているという。

الله

アッラー

当初の価格は、15万USD以上だったという。

しかし、大雨により、8万USDまで値引きする羽目になってしまった。

 

用途は、イード・アル=アドハーである。

kotobank.jp

 これによれば、このヤギは、いけにえとして捧げられその後、貧民や、身内、家族に振舞われることになるようである。

 

この記事からは、いけにえ用のヤギの価格は、ヤギの見た目が重要であると考えられる。特に、件のヤギは見た目がアッラーの文字に似ているため当初高額がつけられたのだろう。

もっとも、ヤギがその価値を保ち続けるには見た目が一切変わってはならず、この記事のような水に濡れるということはあってはならないようである。商品である以上当然と言えば当然である。